デザイン

いち建のデザインへのこだわり

いち建が考える住みやすいデザインとはなにか。
いち建は街に土地にあった暮らしやすい住まいづくりをご提案しています。

日本には四季があります。暑い夏、寒い冬、暮らしやすい住まいを追求するいち建は、
四季による気候の変化を活用して快適な住まいにするパッシブデザインを採用しています。
また、シンプルでバランスのよい外観を提案しています。
デザイン要素を混合させずに統一させ、
サイズ感と配置を計画的に整えることで美しく住みやすいバランスが完成します。

パッシブデザインとは

パッシブは日本語に訳すと受動的という意味を指します。
パッシブデザインとは受動的な設計を指し、エアコンなどの機械に頼らず太陽の光や自然に起こる風をエネルギーとし、
快適な住まいを実現していくデザインを指します。

自然の力で夏はすずしく、冬あたたかく

快適な住まいづくりの一つとして、夏はすずしく、冬はあたたかい。そんな住まいが快適を創るといち建は考えています。
エアコンなどの機械で作り出す暖かい風などではなく、太陽の光の暖かさを感じていただきたい。
省エネルギーで自然とともに暮らす。
いち建はそんな想いを込めてパッシブデザインを採用しています。

 

建築で快適を創る5つの設計

自然のエネルギーを活用したパッシブデザインは、大きく5つの視点から設計を考えています。

1 高気密・高断熱

屋外の気温などにとらわれず一年中快適な空間を保つためには、高い気密性と、高い断熱機能が必要となります。
室内外の熱の出入りを防ぐことで、快適な室温の状態を維持する設計が可能となります。
また室内ごとの温度差を小さくすることで冬場のヒートショック現象などの危険からも家族を守ることができます。

2 風通し

住まいづくりの大切なポイントの一つが「窓」です。
窓は日差しや風の通り道を作るには欠かせません。春や秋などの季節や夏の夜など、風の通り道を作り、すずしく快適な室内環境づくりに有効的です。
風の通り道を予測し設計をすることで、冷房エネルギーを 10~30% 程度削減できます。

3 昼光利用

昼間に人工照明を点けなくても、明るい室内環境設計を行います。
昼間の時間は太陽の光を多く取り入れ快適な明るさを実現します。
光と一言で言っても、直射や関節的な光などその種類は様々です。
いち建では、昼間多く使う室内には多く光を取り入れ、利用シーンに合わせた室内の自然光の取り入れ方を考え設計をしております。

4 夏の遮蔽

夏場の快適な住まいには暑い直射を避ける必要があります。
直射を受ける住まいは冷房などのエネルギーを多く消費してしまいます。高い断熱性と風の通り道を作り、夏場は太陽は高いので屋根の角度や大きさなどで暑い直射を遮蔽します。

5 冬の日射熱暖房

夏と変わって、冬場の日射は暖を取るには欠かせません。
冬場の日射角度から太陽のあたたかさを取り入れやすく設計し、高い断熱性能で太陽のあたたかさを逃がさないようにする。
夜になったら昼間の太陽のあたたかさを蓄熱の力を使い放出していくことで冬場の寒さから住まいを守り、あたたかく快適な室内環境に整えます

自然とともに暮らす快適な住まいづくりへ

パッシブデザインの建築は、自然のエネルギーを活用し省エネルギーでありながら快適で暮らしやすい
住まいづくりを目指します。しかし、自然のエネルギーに依存しやすい側面もあるため、
自然のエネルギーを補完する役割として「第一種湿度コントロール換気」や「放射型冷暖システム」などを採用します。

シンプルと美しさでより住みやすい住まいへ

いち建の住まいづくりは、シンプルでバランスの取れた外観です。
街の景観に馴染み配置も計画的に整えることで美しく住みやすい住まいを目指しております。

いち建の住まいは安心の品質をお約束します。

住宅は一生で一番高価な買い物です。大切な資産となる買い物だからこそ、
万全の品質管理と保証と住宅性能の確認まで建てた時から続く安心の品質をお約束します。

いち建では、温熱・外皮・気密性能をご確認頂ける性能報告書をお渡ししております。

いち建の家づくり4つのこだわり

このページは「デザイン」のページです。各ページ名をクリックすると該当ページへリンクします。

機能・性能

素材

取り組み

デザイン

いち建の快適な住まいをもっと知る

資料請求や住宅展示会のお問い合わせは下記ボタンからお問い合わせください。

PAGE TOP